お湯の中に入れて使ってみてください

赤ちゃん用全身シャンプーは、産まれたその日から使えるほど肌に優しく、汗っかきの赤ちゃんの毎日のケアにも非常に役立ちます。

実は私が出産した病院では全身シャンプーが院指定となっていたので、生まれた赤ちゃんは全てこのシャンプーできれいさっぱり洗って貰うことになっていたんです。

尚、、このシャンプーの使用法が一風変わっていたんです。 ここで、通常、全身シャンプーの使い方は、柔らかいスポンジやガーゼなどに直接付けて、泡立ててから赤ちゃんを洗うと思います。

ですが私が出産した病院では、温かいお湯を溜めたバスタブの中にシャンプーを入れてしまうんです。 そして、そのシャンプーが混ざったお湯の中に赤ちゃんを入れて、お湯の中で優しくガーゼで洗ってあげたら、そのままかかり湯などはせず入浴終了となります。

最初は「え?!」と思いましたけど、看護婦さんや助産師さんは、「これは石鹸ではないし、ほぼお湯と同じ状態だから洗い流す必要はない」とのこと。

以来、自宅に戻ってからもこの全身シャンプーを愛用することになったのですが、本当に便利なんです。

かかり湯要らずなお陰で、わざわざお風呂場に行かなくても、ベビーバスを部屋の中に持って来さえすれば、そこで簡単に入浴を済ませることができます。

特に、寒い冬の時期なんかは、湯ざめの心配も要らなくて本当に助かりました。

その他、汗もの予防として、「全身シャンプーを入れたお湯にガーゼを浸したもので日中こまめに身体を拭いてあげる」というのもおすすめです。

我が子はオムツ替えの度に体全体を拭くようにしていたお陰で、汗も知らず、かぶれ知らずで暮らすことができました。

スポンサード リンク

このページの先頭へ