健康診断の勧め

シンママの場合は、母親が「父親」でもあり「一家の大黒柱」ということになりますので、もし母親に何らかの体調不良などがあったら、その時点で子供が育つのに支障をきたしてしまいます。

ですから普段からせめて年に1回は公的機関もので良いですから「健康診断」に行っておかれた方がいいと思います。

私はたまたま子供を産む前から通うようになりましたが、その頃にはほとんど体に悪いところもなく、「自分は強健だ」と自負していました。

しかし、子供を産んだ翌年辺りから、妊娠中もそうでしたが「貧血」が慢性化してきて、ずっと数値が低いままになったり、血圧もやや低めな感じで推移するようになりました。

さらに家系的に「糖尿病」「脳梗塞」などの傾向があり、ヘモグロビンA1cが毎年0.1ずつ上がってきてイエローカードぎりぎりの数値になりましたので、これについても去年精密な検査をしました。

ヘモグロビンA1cについては問題ありませんでしたので、引き続き自制した食生活をしていたらいいということが分かりました。

こういった数値は毎年チェックすることでしか異変に気付くことができませんので、私のように元気という感じでもしっかり受けておかれた方がいいです。 貧血についても鉄剤を時々飲むなどしてフォローしていますので、今ではまったく問題ありません。

ただし、慢性的に鉄が減っていく傾向にありますので、半年ごとにかかりつけ医のところでチェックするようにしています。

自分は「父親と母親」2人分の役割を果たさなければならないことを肝に銘じて、とにかく元気でいることが使命ですので、健康管理はしつこいくらいしておいて丁度いい感じだと思います。

スポンサード リンク

このページの先頭へ