2歳から3歳までの記録

【2歳の息子が歌うようになる】

私自身とても音楽が好きで、JAZZやブラックコンテンポラリーのセッションなどに子供が生まれる前から参加していましたが、やっぱり子供もその影響なのか、音楽はとても好きな感じになってきました。

今思うと、妊娠中にも私はこういったライブにも参加していたので、おなかの中ではこのような音楽や私の歌を聴きながらすごしていた事になります。

小さい頃は笑ったり声を出すだけだったのですが、2歳前後になると、鼻歌のような歌を歌うようになってきまして、あんまり面白いのでその時の動画を収めておいたのですが、何かのフレーズを覚えて歌っているのかと思うと、どうも自分で適当に歌っているということが分かってきました。

さらに「音」に関しての聞こえ方と、その「表現」がとても個性的で、「擬音」の使い方が絶妙でちょっとビックリしてしまったこともあります。

2歳過ぎには私が毎日車で一緒に移動している時にかけているJAZZの曲をおおよそ同じように歌ったりするようになりました。

ちいさい子供でも、音感や発音などをそのまま聞いて表現するということができるものなんだと認識しました。

それらを考えると、胎教という形でよい音楽や癒しの音楽をかけるのもかなり子供によい影響がありますし、1~3歳程度の分別がつくか否かの年齢の時に、さまざまな良質な音楽を聴かせてあげることもとても有効かと思います。

この頃の子供は言葉はおぼつかなくても、聞こえたものをそのまま表現できる特性があるように感じます。 そういった意味では英語を聞かせるというのも有効なんだろうと感じます。

JAZZの歌を私が鼻歌で歌うのと合わせて、歌ってきたときはビックリしましたけどね。

スポンサード リンク

このページの先頭へ