赤ちゃんが生後3ヶ月になると

生後3ヶ月ともなると、赤ちゃんはかなり体つきもしっかりむっちりしてきて、より赤ちゃんらしい愛らしさが増してきます。

うちの子の場合、帝王切開で生まれた時に頭の先を吸引器のようなもので吸われて出てきたせいで、額に結構なアザのようなものがあったり、身長が50センチくらいなのに体重が3キロなかったりで、生まれたては逆に赤ちゃんぽくない容貌の子でした。

それが3ヶ月ごろにはミルクも200ccを10分ほどで飲めるようになって、むちむちしてとってもかわいらしく赤ちゃんらしくなり、アザもまったくキレイになり、生まれた時は色黒だったのがお肌もとても白くなりました。

この頃には、むちむちした体で寝返りが打てるようになってくるので、また眠っている姿がひときわかわいらしくなります。 とにかく赤ちゃんは寝顔が本当にかわいらしいもの。

今ではもう少し大きくなりましたが、自分の子供の寝顔は親にとってたまらないかわいらしさに映るものなんです。 この表情を見るだけで親は疲れていても、また頑張ろうと思えますし、心安らぐもの。

尚、この頃に気をつけておいていただきたい重要なことがあります。 それは、私は赤ちゃんといつも同じ場所(私が向かって右側、子供が左側)で寝ていたのですが、こういった場合、毎日寝る場所を交互に変えてください。

なぜかというとうちの子は、私の気配を感じる方に無意識に必ず顔を向けて寝ていたため、頭の形がビックリするくらいいびつになってしまったからです。

赤ちゃんはお母さんの気配のある方を感じて寝るようですので、交互にすることで頭の形がいびつになるのを防ぐことができます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ