1歳児検診について

赤ちゃんを育てていると、3ヶ月検診や6ヶ月検診、そして1歳児検診などが自治体のほうで受けられるようになっています。 こういった検診なんですが、面倒に感じてしまう方もいらっしゃると思いますが、できるかぎり時間を割いて診ていただくことをお勧めします。

どうしても小さいうちはしっかり行かなきゃと思ってまめに参加するのですが、1歳を過ぎてくると忙しかったり面倒になったりして、疎かにしてしまうことが多くなってきます。

こういった所に行くメリットとしては、自治体に子供の健康状態や発達状態を把握してもらえる、地域の同年代のお子さんが集まっているので、月齢などに応じてどの程度成長しているものなのかがわかることです。

実は私も2歳児の頃に家業の状況が切迫してしまい、検診に連れて行くことができなかったことがありました。 そのため、子供の成長が同じ年の子供と比べて遅いということに気付くことができませんでした。

ですから子供の検診は一番に優先して参加し、同じ頃のお子さんの成長の度合いを見たり、他の方と何か違いはないだろうかなど、細かく見てあげた方がいいです。

特に1歳から2歳程度のお子さんの場合は、一般的な成長をしているのかを判断するのがとても難しい時期ですので、専門家のいる所に行き、ちょっとした違いを把握することで、その後の子供の成長に対してより早く対策が打てます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ