母子家庭でのお風呂の入れ方

私は母子家庭で男の子を育てているのですが、母子家庭だからとても大変だったことが「お風呂」なのです。 もちろん親が揃った家庭でも子供をお風呂に入れて苦労なさった経験は、みなさんもあると思います。

ただ、母子家庭だと、女親がひとりっきりで入れるので、特に「生理日」に子供をお風呂に入れてやるのに未だに大変苦労しています。

特にやっと首がすわった頃は子供を洗い場で座らせておく事も不安でしたし、寒い時期には湯船にひとりで入れておくこともできません。

そんな状態で自分の体も洗わねばなりませんし、子供をお風呂以外で待たせておくことにも危険が伴います。

ですから2歳くらいまでの間は、バスチェアを買ったりして工夫してみたのですが、これもあまり役にたたず、結局は脱衣所にバスタオルを数枚敷いて子供を寝かしておき、5分くらいで自分を洗っていました。

そして、子供を裸にして抱きかかえてヒザに乗せて体と頭を洗ってから、抱いたまま湯船に浸かる感じでした。

出てからはバスタオルの上に寝かせて水滴を取って横に着替えとオムツをすべて用意しておきすぐに着せる感じ。 もちろんこの時、自分は素っ裸のままで、子供が温かい状態で洋服を着るまでは自分のことは後回しでした。

普段はこれで何とかしていましたが、「生理日」だと経血がずっと伝ってしまうので、その辺りを汚しながらも子供を最優先にして何とかお風呂に入れていました。

尚、3歳を過ぎるまでは、自分自身のお風呂タイムだけを考えてゆっくりリラックスして浸かるなんてことはまったく出来ませんでした。

お風呂のことだけは今だに、父親と母親がきちんと揃っているご家庭が、羨ましくてしょうがないです。

このページの先頭へ