国民年金保険料の免除申請をする

ひとり親の状態で子供が生まれ、母子家庭になってしばらくは小額だけ税金がかかる程度の収入がありましたので、国民年金保険料の免除については「全額免除」ではありませんでした。

ただし、この国民年金保険料の免除について、自ら「免除申請」をしておかないと、単に「払えない」ということになり、「未納状態」になってしまいますので、とにかく収入が厳しい場合は年金事務所に電話して相談してください。

私も「免除申請」をして、税金が発生している時でも「4分の3免除」となっていました。 さらに所得税と住民税が非課税になってからは、「全額免除」になっています。

とにかく「免除申請」を取り寄せて、記入欄には「全額免除」「4分の3免除」などどの審査をして欲しいのかを記載して免除の申請をしましょう。

後に審査が終ってから年金事務所からどの程度免除されるのかを教えてもらえます。 また、この「免除申請」は毎年の年収を確認して見直すため、毎年出すことになりますので、面倒でもきちんと提出するようにしましょう。

この時の注意点は、例えば全額免除の状態なのに、何故か普通の金額の納付書が必ず送られてきますので、これは支払わずに置いておきましょう。

年金関連の部署が一律で同じ紙を作って発送するようになっているらしく、「経費のムダ遣いではないですか?!」と電話したことがありますが、是正できないんだそうです。

でもこのことを知らないとビックリしてしまうと思いますので、そういうものだと理解しておくといいです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ