未婚で母親になる方へ

私も最初から完全に母子家庭になることを想定して、この子を産んだわけではありませんでしたが、残念なことに相手の男性がそこまでの覚悟がなかったようで、母子家庭というものになってしまい、今に至ります。

もちろん相手の方がきちんと清算してきて結婚してくれれば、ハッピーエンドだったかもしれません。

特に、子供が2歳になった時に養育費について話し合いをしたとき、養育費をまったく支払う気持ちがないことをまざまざと見せ付けられてしまいましたので、もう何も言うまい、関わるまいと思ってしまったんです。

まさか父親が子供自身に払う養育費を出し渋り1円も出す気がなく、さらに養育費を請求するほど生活に逼迫しているなら引き取らせてくれなどというトチ狂ったことを言うとは、この後いつになっても子供には語るまいと思っています。

まあここまで酷い言い方をなさる方ばかりではないでしょうが、養育費を払わない男性は驚くほどいますし、それで逃げて平気でいらっしゃるようです。

尚、これをガタガタ言っても子供は育ちませんのでまず、養育費に頼って子供を育てようという気持は捨てた方がいいでしょう。

中にはきちんと考えてくださる男性もいらっしゃるかもしれませんがそれはかなり稀ですので、基本的にはお母さんが自力で育てる、守っていくという強い気持が必要です。

そして、相手の方に対して恨みの気持ちが出てしまうならいっそその存在は忘れてしまう事。 ただ、子供にはそういった気持ちを決して見せてはいけません。

こういった状況になってしまっているのは自分自身の宿命からと認識する。 相手を恨むと子供にも悪影響が必ず出ますし、子供への愛情が歪みますので注意しましょう。

スポンサード リンク

このページの先頭へ