息子がよちよち歩くようになる

1歳になってから、日に日に歩けるようになってきました。家のなかではもうハイハイよりも、歩いている時間のほうが長いかもしれません。ちょっと前まではその場に立つだけでドヤ顏をしていたのが、本当に突然、「こんなにいっぱい歩けるようになるんだなあ」とビックリしています。

そこで、息子の1歳のプレゼントは、靴に決めました。ちゃんとした物を買ってあげようと伊勢丹へ行き、ベビー用の靴売り場で息子の足のサイズを測定してもらいました。

11ヶ月で12cm。標準なのか大き目なのかはわかりませんが、お店の人には12.5cmの靴を買うようにすすめられました。踏ん張って歩くためには、靴下を履いてから靴を履いてつま先に5㎜程度の余裕が必要なんだそうです。

さらに、初めての靴は足首まであるハイカットが良いそうです。ハイカットだと、「靴が脱げにくい」「足が安定するので痛めにくい」とのことです。試しに一足履いてみると、12.5cmのハイカットで良い感じに伝い歩きしていました。

店員さんに「サイズはちょうど良さそうですね。これで3ヶ月は履けますよ」と言われ、「え!?3ヶ月しか履けないんですか!?」とすぐに聞き返してしまいました。子どもの足はみるみる成長するそうで、3ヶ月おきに足を測定して買い換えたほうがよいと言われました。

「たった3ヶ月のために5000円の靴」その場でしばらく考えて、「まだ歩けないからやめておこう」ということになりました。

とはいえ、いつ歩き出してもおかしくないし、靴に馴らすためにも一足持っておきたかったので、アカチャンホンポで購入しました。価格は1500円くらいだったと思います。

洋服もそうですが、靴もメーカーによって大き目・小さ目があるので、必ず履かせてみてから購入することをおすすめします。

だいぶ安くすませてしまったファーストシューズですが、現在は本格的に歩くようになってきたので、そろそろちゃんとした靴を買ってあげたいと思います。

スポンサード リンク

このページの先頭へ