ほうれん草とツナのおやきを作ってみた

離乳食が3回食になると、一日中ごはんを作っているみたいになりました。息子のごはんと大人のごはんで6食分。今日は何にしようかとメニューに悩む日々。

もう少しすれば大人のごはんを取り分けてあげられるようになる、あと少しがんばろう、そんな風に思いながらやり過ごしています。

「要領のいい人はもっと効率的にやっているんだろうな」なんて沈んでいてもごはんの時間はやってくる!とにかく今日も作らなきゃ。

さて、10ヶ月間近の息子。やわらかいおかゆだと時々嫌がられるようになってきました。やわらかすぎるのが原因か、おかゆばかり食卓に出てくるのが不満なのか、ただ機嫌が悪いのか、まだ喋ってくれないのでわかりません。

そこで、たまには変化球でいってみようと思い立ち、さっそく余力がある日におやきを試してみることにしました。

ほうれん草とツナの軟飯おやき

左がおかき 上が豆腐味噌 右が野菜スティック

【材料】
軟飯80g、ほうれん草適量、ツナ適量

【作り方】
1.軟飯にほうれん草とツナを混ぜ合わせる
2.薄く油をしいたフライパンに、軟飯をスプーンですくって弱火で焼く
3.やんわり焦げ目がついたら完成

ごはんに混ぜるのは冷蔵庫にあるものでOK。たとえば、しらす、キャベツ、にんじん、ハム、チーズなどでもいいです。今回は冷蔵庫にほうれん草とツナ缶があったので、それを使いました。混ぜて焼くだけなのですごく簡単でした。

息子に食べさせてみると、いつもと違った食感に「なんじゃこりゃ!」顏をしていましたが、パクパク食べてくれました。(ちなみに手づかみはまだ下手なのでスプーンで切りながらあげました)

普通のおかゆより食いつきがよかった気がします。付け合せは、茹で野菜スティック豆腐味噌添えです。豆腐に味噌を混ぜただけのものに野菜をつけてあげました。こちらも完食です。

スポンサード リンク

このページの先頭へ