未婚での出産には助けてくれる人が必要

私の場合、未婚での出産になり、母子家庭で子育てをしています。 そして、出産直後から仕事は過酷を極めていましたが、そんな中でも親族の理解とサポートがあったからこそ今まで母ひとり子ひとりでもやってこれたのだと実感しています。

もし出産前後に誰も頼る人がいない状態であったら、本当に子育てに行き詰まって子供にとって良くない環境になっていたのではないかと想像するだけでもぞっとします。

今子供を身ごもってひとりで産もう、育てようと思っている方は、親族などサポートしてくれる方がいるのかどうかはしっかり確認しておいた方がよいと思います。

仕事をしながらひとりで子育てをするには、サポートがない状態では極めて厳しいです。 というのは、赤ちゃんは突然、病気になり体調を崩すことが多く、すぐに対応が出来ないような状態には置いておくことはできないからです。

ただし最近では一般的などこかに雇用されながら働くということ以外にも、ネットで仕事を探す事も可能ですので、在宅で出来る仕事を模索する事も視野にいれてはいかがかと思います。 私も、在宅の仕事もするようになって何とか収入を得ています。

もし、在宅でお仕事を本格的にされる場合は、税務署にきちんと開業届けを出しておくとよろしいですね。

収入を的確に申告する重要性だけでなく、開業届けを出して青色申告にすれば、必要経費が認められますので税金面でもメリットが非常に大きいです。

スポンサード リンク

このページの先頭へ