ジュースを与える時期を考える

私自身がジュースがあまり好みではないため、子供に「果汁100%のジュース」を始めて与えたのは2歳でした。

それ以降、何故か子供にとっておいしいはずのジュースをあまり好まず、未だにジュースというものをほとんど口にしません。

そして、2歳くらいの子供で気になることといえば、「虫歯」ではないかと思いますが、ジュースを好むお子さんは虫歯になりやすいのではないでしょうか。

私自身親が共働きで忙しく、歯についてケアしてもらった記憶もなく子供の頃から虫歯があり、未だに銀色になってしまった治療跡がとても憂鬱なので、子供には出来れば「虫歯になってほしくない」と思っています。

そういう意味では「口うつしの食事」も気をつけましたし、ジュースについてもさして子供が好まないので、このままずっとあまり口にしないでいてくれた方がいいと思っています。

尚、体に良いとされる「野菜ジュース」でも糖質が含まれていますし、体への吸収が極めて早いので、血糖値が上がるのがとても早いのです。

ですから、野菜ジュースで野菜を摂ることもあまり好ましいとはいえませんし、もちろん歯にとってもよくありません。ジュースは進んで与える必要はないと私自身は考えています。

現在、子供は4歳ですが今でも虫歯の1本もありませんので、このままずっと虫歯ゼロで大人になってもらえたらと思っています。

スポンサード リンク

このページの先頭へ