鼻水を出すときに役立つ商品

【手動の鼻吸い器について】

はじめての冬。我が子は何度も鼻水が止まらなくなり、耳鼻科通いが続きました。一度鼻水を出すと2週間近く止まらず、夜も鼻がつまって苦しいのかちょこちょこ起きるんです。睡眠不足でこっちも辛くなるので、なんとか早く治してあげたい。

そこで、家でもこまめに鼻水がとってあげられるようにと買ったのが「ママ鼻水トッテ」でした。西松屋で700円くらいだったと思います。よく雑誌でも紹介されていたので、ひとつは持っておきたいと前々から目をつけていたアイテムです。

使い方は、片方を赤ちゃんの鼻へ、もう片方は私の口へ。嫌がる我が子を押さえつけて吸い取ります。吸った鼻水は真ん中のボトルにたまるようになっているので、簡単に水洗いができます。 慣れてくるとドロッとした鼻水もたくさん吸い取れます。

コツは、赤ちゃんがテレビやおもちゃに集中している隙に吸ったり、一気に力強くではなくチュチュチュッっと細かく吸い取ります。それでも嫌がれれることがほとんどで、先っちょの硬い部分で鼻を少し傷つけてしまったこともあります。私のように、あまり強引にするのはおすすめできません。

また、鼻吸い器が入っていた透明の容器が、そのままケースとして使えるのも便利だと思いました。持ち運びもできるし、収納もコンパクトで衛生的です。 鼻水を早く治すには、自宅でも吸って、耳鼻科でも吸ってもらって、お薬を飲ませて、暖かくすることです。

赤ちゃんは夜中に勝手に布団から飛び出すと、寒くてすぐ鼻水が出るようになってしまいます。あまりにも吸っていると自分にも感染してしまい、何度ものどが痛くなりました。ひどくなると扁桃腺が腫れてきてしまい、熱っぽくなることもありました。授乳中のため強い薬は飲めず、せっせとハチミツ大根を作って飲んでいました。そこで、電動の鼻吸い器を買おうと心に決めました。

【電動の鼻吸い器について】

「もう電動の鼻吸い器を買おう!」と決めて、さっそくネットでリサーチしました。5000円くらいから2万円以上する本格的なものまで、電動鼻吸い器ってこんなにたくさん種類があるんだなと驚きました。

私が目を付けたのは、口コミの評判もよく値段も手頃…ではないけれど、コンパクトな「ベビースマイル S-302」。5000円くらいでした。

楽天で買うと送料がかかるので、直接シースター株式会社のサイトで購入。「ボンジュール」というおかしな名前の長いノズルも一緒に買いました。

商品到着まで一週間近くかかったので赤ちゃんの鼻水は止まっていましたが、ほどなくしてじゅるじゅるになり、待ってましたとばかりにスイッチを入れました。

最初はそこそこ大きな音がするのでビックリしましたが、鼻にスポッとノズルをいれると、おもしろいほどとれるとれる!ドロドロの鼻水も「ズズズーッっ」とすんなりとれました。商品と一緒に、鼻水をとるコツが書かれた紙も一緒に入っていたので、はじめからうまくとることができました。

しかし、長いノズルの「ボンジュール」を鼻の奥まで入れるのは至難の業で、赤ちゃん向きではないような気がしました。陽気な名前につられて買ってしまいましたが、なくてもよかったかなと思います。たまった鼻水はキャップを外して水洗いできるので、お手入れもラクチン!

もう感染が怖くないので、本当に買ってよかったです。というか、もっと早く買えばよかったです。 尚、電動鼻吸い器は医療費控除の対象になるので、購入の際は領収書をもらうことをおすすめします。

スポンサード リンク

このページの先頭へ