多用途ロックを取り付ける

息子が動き出すようになってからは、部屋のありとあらゆる物を片付けることになりました。電気コードやティッシュ箱を隠したり、観葉植物を部屋の隅のタンスの上に移動したり、引き出しをガムテープで閉じたり、大人にとってはかなり住みにくい家に変貌をとげました。

先日、同じ月齢のお友達の家に行って、思わず吹き出してしまいました。「わかるわ~!」と唸りたくなるほど、お部屋がイタズラ防止の工夫で満載だったのです。

とくに笑ったのが、加湿器用の檻を自作していたこと。100均のワイヤーネットや結束バンドなどを使って檻を作り、見事に加湿器を閉じ込めていました。

また、転倒防止のために椅子をテーブルにくくり付けていたり、網戸にクリップのようなものを貼り付け安易に開閉できないようにしていました。

旦那さんが考えてコツコツと作っているそうで、その苦労とアイデアが垣間見れる、傍から見れば滑稽な部屋に仕上がっていました。

尚、こちらの家にお邪魔して、私はいつもアイデアを盗んでいます。そこで、かねてから悩まされていたキッチンのゴミ箱に目を付けました。

ママ友の家ではオムツバケツに付けられていた100均の「多用途ロック」。冷蔵庫の扉やタンスの引き出しなどに両面テープでピタッと貼り付けます。すると、多目的ロックのボタンを押しながらずらさないと解除できないので、赤ちゃんが開閉できなくなります。

我が家では、キッチンのゴミ箱は2つあり、1つはペットボトル、もう1つは空き缶が入っています。今までは、料理や洗い物をしていると息子が忍び寄り、ゴミ箱のなかを漁ろうとするので、その度に私は足でフタを抑え「ダメよ!」と言って諦めるのを待っていました。

多用途ロックをゴミ箱に取り付けた状態

この多目的ロックを付けてから、息子はゴミ箱を開けることができなくなり、料理に集中できるようになりました。たった200円で家事がスムーズになったので、もっと早く付ければよかったと思いました。

このページの先頭へ