腰痛持ちのママでもエルゴなら大丈夫

私が使用した育児グッズの中で一番買って良かったのは、何と言ってもエルゴの抱っこひもです。 「抱っこひもなんて、デザインがちょっぴり違うだけで結局はどれを買ったって一緒でしょ?」

なんて思っていた自分を、心から反省させられるくらい、エルゴの抱っこひもは他とは使い心地が全く違いました。 何が一番の違いかと言えば、体にかかる負担ですね。これは驚く程の違いです。

以前はスリングを愛用していたので、抱っこひもの必要性は余り感じていませんでした。 しかし、あるときから子供がスリングを嫌がるようにしまったのです。

そこで、家に使わないまま放置してあった抱っこひもで子供を入れて抱いてみました。 すると、抱いた直後は何ともなかったのですが、10分、20分と時間が経つにつれ、肩や腰、首筋まで痛みが出て、とても抱いていられませんでした。

それどころか、抱っこひもをつけた状態で洗濯ものを干そうと思っていたとき、手を上げることすらできないことがありました。 それ以降、簡易的な物から割りとしっかりとしたものまで3タイプほど試しました。

結果、どれも短時間ならOKだけど、30分以上の長時間になると、とても無理でした。 特に私の場合はどのタイプも腰に負担がかかって辛かったんです。

そんな時にエルゴの抱っこひもを知った訳ですが、口コミでも軒並み高評価を得ていて期待できそうな反面、少々お値段が高いのがネック。

しかも、すでにいくつかの抱っこひもを無駄にしていましたので、尚のこと、これ以上失敗はできないぞ~というプレッシャーもありました。

そんな時、沢山のレビューの中の一つに「抱っこひもジプシーの私が、やっとたどり着いた理想的な抱っこひも」というコメントを見つけ、正に「私の今の状況と同じ。今度こそ、大丈夫なのでは?」と思えたんです。

更にその時期、一番シンプルなモデルがセール価格で販売されていたことも後押しとなり、購入する事にした訳です。「ほんと、あの時買っていて良かった」です。

エルゴの抱っこひもは、とにかく腰の位置でしっかりとホールドするので、腰への負担がかなり軽減されます。 腰痛持ちの私でも、2時間前後なら楽々抱っこしていられました。

尚、子供が1歳半から2歳半位までの時期には、横抱っこを頻繁にしていましたが、この抱き方ができるのもエルゴならではの特徴だと思います。

スポンサード リンク

このページの先頭へ