不妊がきっかけで飲むようになる

「妊娠してから授乳が終わるまでコーヒーが飲まないほうがいい」って聞いたんだけど、コーヒーを我慢できるか心配・・・

コーヒーは飲んだらダメなのか先生に確認したところ、妊娠・授乳中でも1日に1杯程度なら飲んでもいいとのこと。 でも、1日に何倍も飲んでいた人にとって1日に1杯のコーヒーでは物足らないでしょう。 そんなときは、コーヒーの代わりにたんぽぽコーヒーを飲むといいです。

実は私は、妊娠前からたんぽぽコーヒーを飲んでいました。 たんぽぽコーヒーを知ったきっかけは不妊症。 なかなか子供を授かることができなくて、病院で検査してもらった結果、不妊症であると診断されました。 それからは「どうすれば不妊症を改善できるか」を周りの友達などに相談したときに「たんぽぽコーヒーがいいよ」ということを教えてもらい、早速飲むことにしました。

たんぽぽコーヒーは、女性ホルモンに良い影響を与えるらしく、飲み始めて5ヶ月後に子供を授かることができました。 病院の先生も驚いていました。 もちろん、たんぽぽコーヒーだけで妊娠できたということではないと思いますが、これがきっかけでたんぽぽコーヒーを飲み続けようと決めました。

そのときに飲んでいたのが、小谷穀粉という会社の「タンポポ根+黒大豆+黒ゴマ」配合のたんぽぽコーヒーです。

値段もお値打ちで続けやすいです。 私は小谷穀粉のたんぽぽコーヒーはおいしいと思います。 ただ、コーヒーというよりはどっちかというと「お茶」と言う感じ。ちょっと土臭い茶葉を焙煎したような味です。でも、温めて飲むと不思議とほっとするので、気持ちもリラックスできて気に入っています。

ティーライフのぽぽたんは美味しかった

上で紹介した小谷穀粉のたんぽぽコーヒーはコーヒーと同じ味や香りを期待して飲むとがっかりするかもしれません。 そこで、妊娠してからはコーヒーは飲めないので、コーヒーに近い味のたんぽぽコーヒーを探すことにしました。

ちょうどそのとき、偶然、ママ友の家でたんぽぽコーヒーを頂いたのですが、そのたんぽぽコーヒーがコーヒーに非常に似ていておいしかったのです。 そこで、私もそのたんぽぽコーヒーを飲むことにしました。

そのたんぽぽコーヒーの名前は「ティーライフ ぽぽたん」です。

温めて飲んでみると香り、見た目、味すべてコーヒーに似ています。 ちなみに、コーヒー好きの旦那にも飲んでもらったのですが、「え、コーヒーじゃん」と言っていたので、コーヒーが好きなママさんでも満足してもらえる味だと思います。

今度はアイスにしてみました。冷蔵庫で冷やしてから飲んでみると…やはりコーヒー。 ホット、アイスどちらもコーヒーの苦味があって美味しいのです。 ちなみにホット、アイスどちらもチョコレートと合いました。 コーヒーの代わりに飲むなら「ティーライフ ぽぽたん」がいいです。

あと、たんぽぽコーヒーには、妊娠、授乳中のママさんにうれしい効能もあるのです。

まず、妊娠中は赤ちゃんの分の排便なども自分の肝臓で浄化しなければならず、肝臓を酷使します。 というわけで、妊娠中は肝臓を強化する必要があります。 実はたんぽぽコーヒーには肝臓の機能を向上してくれる働きがあるのです。 しかも体も温めてくれるので妊娠中はひどく体調を崩すこともありませんでした。

それから出産して授乳。 このときは「母乳が出ない、飲んでくれない」で悩むことがあります。 そんなときにもたんぽぽコーヒーが大活躍。 たんぽぽコーヒーには、母乳の分泌を促してくれたり、乳腺のつまりを防ぐ働きがあります。 それだけでなく、母乳の質までもよくしてくれます。

その他の飲み物

ノンカフェインの飲み物として妊娠中や授乳中に飲んでいるママさんが多いのが麦茶。 麦茶はミネラルも豊富で、味もクセがないので毎日飲みたい飲み物だったのですが、なぜか飽きるのです。 というわけで麦茶の代わりに飲んでいたのがほうじ茶。

ほうじ茶には少量のカフェインが入っていますが、私の場合、ほうじ茶だけを飲んでいたわけではないのであまり気にしませんでした。 ちなみに、ほうじ茶に含まれているカフェインはウーロン茶や緑茶に比べて半分以下です。

あと、妊娠してから便秘がちになったこともあり、飲むヨーグルトにオリゴ糖を入れて飲んでいました。 オリゴ糖は子供が便秘気味になったときにも使えるので、今から準備しておくといいです。 現在、私が使っているオリゴ糖については 便秘対策でオリゴ糖を使ってます に詳しく書きましたので、オリゴ糖を選ぶときに参考にしてください。

このページの先頭へ