ママと赤ちゃんでお出かけ

子供を出産した時に、初めてマザーズバッグを購入しました。 そのときは、ママになるという喜びと期待に胸を膨らませ、多機能を謳うマザーズバッグを選びました。

ですが実際に使ってみてわかったのは、赤ちゃんとの外出に最適なバッグの条件は、「機能性ではなく、いかに軽いかということに尽きる」ということでした。

そのとき、購入したマザーズバッグには、沢山のポケットに仕分け、更にはオムツ替え用シートまで付いていて、いかにも便利で機能的なイメージでした。

ですが実際には予想以上に重く、ジーンズ素材だったため、バッグそのものの手触りも非常に硬くて、物の出し入れもし辛く、使いずらかったです。

結局、それ以降にマザーズバッグとして愛用していたのは、極々普通のナイロン製の斜め掛けショルダーバッグでした。

特にポケットが多い訳でも仕訳が多い訳でもありませんでしたが、とにかく軽い! そして汚れが気にならないから、どこにでも出かけられる上、見た目以上に沢山物が入って非常に便利でした。

お友達のママから「○○ちゃんのママ(筆者の事)のバッグの中からは何でも出てくるねぇ~」と言われることも多々あった位、おしり拭きからタオル、おやつに退屈しのぎのおもちゃまで、何でも持ち歩いていました。

ここで一つアドバイスするなら、マザーズバッグによくありがちな、ベビーカーに吊り下げられる「吊り手付き」だとか、「オムツ替えシート付き」なんていう機能は、はっきり言って不要です。(筆者はこれにつられましたが…)

オムツ替えシートなんてタオルでもハンカチでも代用できますし、吊り手は無くてもどうにかなります。

最適なマザーズバッグに必要な条件は、「とにかくバッグ本体が軽いことと」「物の出し入れがし易いこと」この2点に付きます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ