未婚での出産を経験した私

【シンママで出産することに決める】

私の場合、20代の頃に一度目の結婚をしたのですが、当時のだんなさんが子供嫌いと後に分かり、結局、子供を授かれずに30歳で離婚した上、38歳で未婚で妊娠し、39歳でひとりで出産して子育てしています。39歳でシンママになりました。

こう聞くと、「どれだけ子育てで苦労しているんだろう」とか「シンママってかわいそう」なんて感じるかたもいらっしゃるかもしれませんが、大変ながら本当に子供が私のところに来てくれてよかったとしみじみと感じています。

子供が生まれると、今までひとりであったときの「幸せ」と比べて、「幸せ」の質が変化していることを自分としても感じています。 子育てすると、自分の親への気持も変わってきます。

尚、妊娠中もおなかの赤ちゃんのことを考えて食べるものに気を遣ったり行動したりしていると、生まれてくる前から大切に育てられてきて、「今の自分がある」ということにも気付くものです。

シンママだと、まるで「自分のチカラでここまでやってきた、自分はなんでもできる」なんて思ってしまうこともありますが、それは大切に親が育ててくれたおかげなのです。

子育てしながらも自分が人間としてさらに成長できるわけですから、これほど「幸せ」なことはありません。 しかも、シンママとして自分ひとりで育てているんですから、胸を張って自分の子供を素敵な人に成長させてあげたいものです。

【シンママになる道のり】

私は冬に男の子を無事出産しましたが、妊娠当初から母子家庭(シンママ)の予定でした。 どうしてそうなってしまったのかこの経緯について少し触れておきたいと思います。

付き合っていた男性は妻との関係がよくなく、離婚が済んだらゆくゆく私と結婚というカタチを取る予定でした。そして、赤ちゃんを身ごもった時には出産を決断しました。

もちろん、どんな理由であれ当時結婚している男性との間に、子供ができてしまうという状態は後ろ指を指されても仕方がないことでしょう。

それも理解したうえで、38歳という年齢でできた赤ちゃんは私に取っては本当に最後のチャンスであり、これを諦めると言うことは出来ませんでした。 ただ、最終的に、お付き合いしていた男性とは結婚することはできませんでした。

そして、現在、母子家庭で子供を育てていますが、この出産の決断をした時から「母子家庭」でやっていくという覚悟を既に持っていました。 当時、収入は少ないものの、小さなマンションを所有しており、やっていける目論見がありました。

尚、妊娠したときはこの男性と結婚するつもりがありましたが、妊娠してからのあまりの態度の変化に今ではまったく関わりを持ちたくないと思うようになってしまいました。

ただ、この子を授かったことに関しては大変感謝しています。 いずれにせよ全て自分の肩にかかってくることを認識して、子育てと仕事を頑張れば大丈夫だと思っています。

【シンママの子育て】

未婚でシンママ、出産して1年が経過したころです。 この1年間は子育てと仕事であっという間に過ぎました。 子供のためにも3つの仕事を掛け持ちしています。 そのため、子供と一緒に遊べないことが多かったです。

生活のために仕事をしなければいけないのはもちろんですが、このまま息子に寂しい思いをさせるのもよくありません。 そこで、1歳になったのをきっかけに公園に出かけるようになりました。

ただ、1歳だと公園にある遊具で遊べないことが多いので、砂場や広場で遊ぶことになります。 なので、公園に行くときはおもちゃも一緒に持っていくことにしています。 そこで、公園でよく遊んでくれるおもちゃを紹介します。

あと、初めて部屋で遊べるおもちゃを手作りしたのですが、我が子に好評だったので、赤ちゃんが喜ぶ手作りおもちゃ(0歳から遊べます)も一挙公開します。 どれも家にあるもので作ったので材料代0円。しかも簡単に作れますので、おもちゃを手作りしたいシンママは是非作ってみてください。

砂場セット

砂場セットは色々売っていると思いますが、テレビで人気のキャラクターの砂場セットは大人気でした。砂場で遊んでいると、他の赤ちゃんたちもやって来て、みんなで仲良く遊んでくれます。ただ他の赤ちゃんたちと取り合いにならないようにだけ注意してください。普通の砂場セットよりは少し高くなりますが、赤ちゃんには喜ばれます。

しゃぼん玉

1歳の赤ちゃんが吹くことは出来ませんが、親が吹いてあげると喜びます。ちなみに吹くタイプのしゃぼん玉ではなく、液をつけて押すだけでしゃぼん玉が出るタイプのものだと、1歳の赤ちゃんでも使えました。

また、リングを液に付け、振ると大きなしゃぼん玉が出来るものも人気でした。1歳の赤ちゃんではなかなか上手に作れないので、親が手伝ってあげなければいけませんが、大きいしゃぼん玉が出来ると大喜びです。しゃぼん玉を追っかけたり潰したりして、とても楽しそうでした。

ボール

1歳になって動き回れるようになると、ボールをキックするようになります。公園のように広い所だと、ボール遊びをしたくなるようです。1歳だと私のところに上手に蹴ってはくれないので、親は走り回ってかなり疲れますが、運動をするいい機会にはなります。お友達の女の子もボールは興味があるようでした。女の子にボールを貸してあげると、投げたり蹴ったりして遊んでいました。男女問わずボールは人気でした。

三輪車

1歳だと三輪車に乗って遊ぶというよりは、ベルを鳴らしたり、ハンドルを回したりして遊んでいました。尚、親が後ろから押してあげるタイプのものだと1歳からでも乗れるので、公園でも遊べ、さらに散歩でも使えます。三輪車はベビーカーよりも喜びます。ただ、折りたためないので場所を取るのが難点です。

スポンサード リンク

赤ちゃんが喜ぶ手作りおもちゃ

ペットボトル
簡単に作れる定番(!?)のおもちゃ。ペットボトルの中に使っていないボタンを入れ、キャップのところをテープで止めれば完成。もし、長いヘアゴムがあるなら、ヘアゴムをペットボトルの真ん中あたりでぐるぐると巻いてあげると、赤ちゃんが持ちやすくなります。

哺乳瓶
使っていない哺乳瓶があったので、もったいないからおもちゃにしちゃいました。中に星形のアクセサリを入れてます。哺乳瓶の先端は柔らかいので、手で触った感触がいいようで楽しそうに遊んでいます。

そばつゆ容器
生そばを買ったときについてきた、そばつゆの容器です。捨てる前に、「待てよ…これはおもちゃになるかも!?」と思いつきました。やわらかい容器なので、投げたりして遊んでます。

綿棒の容器
綿棒が入っていた容器に、小さめのおもちゃを入れました。少し重みのある音で、こちらもいい感じで遊んでくれます。

シロップ容器
薬局でもらったシロップの容器が可愛かったので、捨てるのはもったいないと思いおもちゃにしました。2個のシロップのボトルを組み合わると、音の鳴り具合も2倍になって赤ちゃんも大喜びしながら振って遊んでます。

ガチャガチャ
ガチャガチャの容器にマカロニを入れています。コロンとしたフォルムも可愛いですし、シャンシャンと鳴る涼しげな音もグッドです。

ミルク缶
何でもバンバン叩く我が子に、ミルク缶で太鼓を作ることにしました。空いたミルク缶にボタンを入れてテープでとめただけの簡単な太鼓です。私がパンパンと叩くとマネしてパンパンするのでとっても可愛いです。また、叩いたりする以外に転がしたり、持ち上げて移動させたり、いろいろな遊び方を楽しんでいます。

スポンサード リンク

このページの先頭へ